更新記事

妊活ED克服日記 その5

【はじめに】

 

この記事は、妊活で来院された方々のお話を細切れにして編集・脚色した内容となっています。

細かいエピソードやディテールにおいても個人の特定が出来ないよう十分配慮しています。

架空の妊活男子“とおる君”が、どうやって妊活EDを克服したかを一人称で語るという日記の形をとっています。

 

【あらすじ】

妊活を始めてから、どうも股間の調子が悪い「とおる君」。

まさかのED疑惑に憤りを感じながらも、妻の勧める鍼灸院でED相談を受け治療に通うことになる。

通院が習慣になってきて体にもいろいろ変化が…

 

・朝立ちが2日に1回(週4)

・トイレのときにちょっと大きい

・途中で膝が痛くなって

・「立たないのはあなたのせいではありません」

 

 

朝立ちが2日に1回(週4)

1月〇〇日

今日は3回目だ。

 

年が明けてから、朝立ちする日が多くなっているように思う。

(朝立ちについてはコチラ

そのことを言うと、くいだおれ太郎さんに、

「朝立ち日記をつけて下さい。朝立ちがあった日は、手帳に上向きの矢印か△でも書いておいてください。」と言われた。

今日もプランはスタンダード。(プランについてはコチラ

 

1月〇△日

Fメールで、「『オナ禁』すればテストステロンが増えて勃起の状態が良くなるのか」という質問をした。

 

「血中のホルモンや神経伝達物質の量(血中濃度)は、ある程度の幅はありますが、ほぼ一定に保たれています。

オナ禁で一時的にテストステロンの血中濃度が上がっても、決まった値を超えると、また下がってきます。

比較的濃度を高く保とうとするなら、テストステロンを一旦、消費する必要があります。

激しくなくても、とにかく運動をすると筋肉が壊れます。

すると筋肉が再生されます。

筋肉を再生するときにテストステロンが使われます。

テストステロンの血中濃度が下がるので、またテストステロンが睾丸で作られます。

筋トレがEDにいいと言われているのはこれが理由です。

精子や精液を作るのにもテストステロンは必要ですから、射精後も精子を作るのに一旦テストステロンが使われて、また作られます。」

 

「だから体をよく使って射精する機会の多い人はテストステロンをどんどん作る必要がありますから、体もテストステロンをどんどん作る体になっていきます。

ヒトも含めて生物は環境に適応していくものだからです。」

 

ふーん、そういうもんなんですか。

 

トイレのときにちょっと大きい

1月〇□日

今日で4回目。スタンダードプラン

 

以前は、トイレに行ったときに、ペニスが下腹と陰毛に隠れていて、ほとんど見えない状態で用を足していたが、最近見えるようになってきた。

そういえば重みも増えた感じがする。

そんな話をすると、

 

「普段の骨盤内の血流が良くなってきたってことです。おそらく、日常での余計な緊張が少なくなってきたんでしょう。

その感じだと、交感神経の余分な働きが少なくなってきていると言えますね。

朝立ちが増えてきたことと合わせて考えると、自律神経の活動がメリハリの利いたダイナミックなものになってきたようですね~。

よかったじゃないですか。」

 

ニヤニヤして喜んでいるよ、この人(くいだおれ太郎さん)。笑

 

「もっと素直に喜んで下さいね。

オナニーやセックスで大きな変化がなくても、こうやって小さな、いやここまできたら大きな改善ですよ。

私は改善する人のパターンを知っています。

〇〇さんはそのパターンにハマってきてますから、たぶん大丈夫ですね。」

 

「おーーーーーーっ!!」(心の声)

 

マジか!?おれ、大丈夫なんか!?

 

帰宅後、妻に、

 

「たぶん大丈夫って言われたよ。」

 

と言ったら、

 

「あ、そうなん!?よかったなあ。」

 

と言われたので、思わずハグをしたら、ちょっと涙が出そうになった。

 

自分では平常心のつもりだったが、知らない間に緊張していたようだ。

少し気持ちがゆるんで初めて、立たないことで想像以上に気が張っていたことに気が付いた。

 

途中で膝が痛くなって…

2月〇◇日

5回目の施術。

 

休みの前の日、腕枕ではないがくっついて寝ていた。

ウトウトしていたのだが、久しぶりになんとなく興奮してきた。

挿入できる硬さに自然となっていたので、そういうことになった。

妻はおれがウトウトしていたときも起きていたようで、少し期待もあったらしい。

だから受け入れ状態も悪くなかった。

ところが挿入後のピストン運動で膝が痛くなってきて、なんだか萎えてしまった。

不完全燃焼だ。

なんだか目が冴えてしまって眠れなかったので寝室のテレビで二人で映画を観た。

トム・クルーズが主演のSFだけどラブストーリーな映画だった。

 

翌朝、妻が

「なんかいけるような気がしてきたね。」

とやさしかったし、その日はいい休日になった。

 

くいだおれ先生には、グレープフルーツ(ペニスの硬さのイメージ)で挿入したけど膝が痛くなって萎えてしまったことだけ話した。

(ペニスの硬さのイメージについてはコチラ

またまたうれしそうな顔をしてニヤニヤしながら、

「確実によくなってるじゃないですか。しかも、まあまあなペースですよ。」

と言って、張り切って施術しているように思えた。

 

骨盤エクササイズをがんばるように言われた。

骨盤エクササイズは、骨盤内の血流改善が目的だが、「骨盤ころがし」は結果として挿入後の腰の動きのトレーニングでもあるので膝の負担も減るでしょうとのことだった。

 

骨盤エクササイズ、平癒堂鍼灸的定番はコチラの2種 ↓

骨盤ころがし

骨盤引き上げ

 

「立たないのはあなたのせいではありません」

3月〇〇日

8回目。

 

中折れする時とそうでない時がある。

どうしても排卵日に合わせることになるので、気分が乗るときとそうでない時の差がはっきりしている。

(妊活ED,タイミングEDについてはコチラ

 

「後はタイミングの問題ですね。条件さえ揃えば勃起します。

(勃起の生理学的条件についてはコチラ → 勃起開始前 / 勃起開始以後 )

その条件を揃えるという部分がコントロールできる部分です。

勃起という生理現象自体はコントロールできませんから、思うように勃起しなくても、条件としてなにが揃っていないのかだけ考えてみて次に活かしてください。

とりあえず、セックスまでの時間は十分取ってください。

(セックスまでの時間についてはコチラ

勃起が始まる時点ですでに「勃起の質」は決まってます。

勃起の始まるときの自律神経活動でどれだけ副交感神経と交感神経のギャップを作れるかが勃起の質を決定します。

勃起が始まるまでに、いかにリラックスした状態に持っていくかです。」

(勃起の質についてはコチラ

 

YouTube動画の、「立たないのはあなたのせいではありません」を思い出した。

 

「うまくいかなくても自分がダメなわけじゃないですからね。それをよく憶えといてください。

でも、うまくいったら『自分って最高!!』って思っといてください。」

だって。

 

くいだおれ先生って調子いいけど、言ってることは間違っていない。

 

 

つづく

 

 

ED(勃起不全)でお悩みの方、男性性機能の充実をお望みの方、妊活中の方(男性女性とも)はご相談ください。

 

相談無料です。

 

平癒堂鍼灸の鍼は恥ずかしい思いをすることなく受けられます。

 

トリガーポイントアプローチと自律神経矯正鍼(じりつしんけいきょうせいしん)であなたの人生を楽しくする。

新大阪でED治療をお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。

平癒堂鍼灸(へいゆどうしんきゅう) 平谷 透 E-Mail : shinq.th@gmail.com