更新記事

知らないがゆえの不理解

こんにちは。ハイブリッド鍼灸師の平谷です。

今日はちょっと治療の話じゃないんです。

私、ある女性タレントがテレビに出ているのを見ると、彼女が以前した発言を思い出してイヤな気分になるんです。

ある男性芸人が、精巣腫瘍で精巣摘出(睾丸摘出)の手術を受けて、
その退院後のインタビュー時だったと思います。
その場にいた、ある女性タレントが、

「こどもできないんじゃないの?」

と、ウケ狙いというか、手術を受けたのが芸人だったからなのか、そんなことを言ったんです。

私の記憶が正確ではないかもしれません。
しかし、睾丸摘出のオペを受けた人間に対し、
こどもをもうけることができないのじゃないか?という主旨の発言をしたというのは間違いありません。

「えっ?ようそんなこと言うたな!えげつないな!」

と私思ったんですが、テレビ画面のその場は笑いに包まれていました。
本人は相当傷ついていたと思うんですが…

その当時、その女性タレントはまだ結婚していませんでしたし、子供もいませんでした。
なので、よけいに分からなかったのかもしれませんが、ひどい発言でした。

で、次の日、その話をその当時の職場で同僚の女性にしたんです。

そしたら、ポカーンですよ!

「じゃあ、ある女芸人が卵巣の摘出手術をした後で、『こどもできないんじゃないの?』って、男性タレントに言われたとしたらどう?」

って、聞いたらハッとしたようでした。

今なら、そんな発言したら謝罪会見開くようなことになりませんか?
あなたならどう思われますか?

知らなければ、そこに気をつかうということはできません。
おそらく、その女性タレントも悪気があって言ったんじゃないと思います。
その場を盛り上げようとして言ったんだと思います。

知らなければ、それが問題になるかどうかも解らないわけです。
だから、誰かが「これは問題だ。」「どうにかしないといけない。」と思ったら、
大きな声でそれを言う必要があるのだと思います。

「問題を一度、世の中に出して問う」ということが大事なのだと思います。
私自身、もっと自分の仕事を世に示さなければならないと思いました。

男性不妊、女性不妊に関わらず、不妊に対する不理解が世の中にはたくさんあります。

EDと聞くと、いやらしいおっさんの悩みと思われる方もたくさんおられるでしょう。

そんな、不理解に負けないでください。

私は鍼灸師としてEDに悩む方のサポートをしています。

ご相談ください。

私の施術は、恥ずかしい思いをすることなく受けられます。

トリガーポイントアプローチと入江式であなたの人生を楽しくする

ハイブリッド鍼灸師 平谷 透は、新大阪に施術所を構えています。

男性機能に自信のない方、ED、勃起不全、男性不妊でお悩みの方はご相談ください。
相談無料です。

平癒堂鍼灸(へいゆどうしんきゅう) 平谷 透 E-Mail : shinq.th@gmail.com