更新記事

スケボー日記59 子どもとサーフスケート

IMG_3487

自分がスケボーを練習するのを見て、息子と娘がちょっと興味を持ったように見えたので、調子に乗った私は、子ども二人ともに一式揃えて一緒にスケボーを始めたのですが…

 

板(デッキ)の下に車輪(ウィール)を付けただけでブレーキもないこのスケボーというもの。

バランスを取るのが難しく、またそれが面白いのですが、自分の重心がトラック(ウィール=車輪とデッキをつなぐ部品)の後ろ側に出てしまうと、デッキがピューっとすっ飛んでいってしまい、それと同時にデッキのすっ飛ぶ勢い以上にスッテンコロリン!クルっとまくれてコケてしまいます。

まくれると痛いのもありますが、これがけっこう怖いんです。

私も一回まくれると、その日は思い切った練習ができなくなってしまいます。笑

どうやら子ども達も、このまくれるのが怖いようで二人ともスケボーで一緒に遊んでくれなくなりました。

 

でも、「やっぱり一緒に遊びたいっ!」と、わがままオヤジは思ってしまい、解決策を考えました。

 

ポク、ポク、ポク、チーン!って感じです。(昭和の人はアニメの一休さんを思い出してください。)

 

サーフスケートボードです。

サーフィンっぽい動きのできるスケートボードのようなもので、サーフィンの陸トレにも使ったりするようです。

動画を検索してみると、なんとなく小学生がよく遊んでいるジェイボーと似た動きをすれば、とりあえず前には進めそうです。

スピードがなくても楽しいかも!?ということはまくれることがあんまりない!!

 

スポーツ用品店に行って子ども達も喜びそうな色のものを選びました。

グレイトフルデッドのステッカーを貼ってカスタマイズ。

パーツもちょっと換えてやわらかいセッティングにして、子どもの脚力でも軽くできるようにしました。

 

大成功です!

娘が一緒にサーフスケートで遊んでくれるようになりました。涙